いのちを生み育てた祖先 いのちに恵みを与える神々に感謝し  いのちの本源である造物主を敬いましょう

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

宗教法人 平和教

お電話でのお問い合わせ 0585-45-4111

岐阜県揖斐郡池田町片山2000番地 

仁義礼智忠信孝悌 繁栄国家対等平和

本文のエリアです。

活動報告

春季大祭を斎行しました (5月18日)

 去る、5月18 日㈰、全国各地から約百名の会員各位が平和教本部本殿に参集され、午後2時より盛大に春季大祭を斎行致しました。

 祭典では、斎主美元師を始め、8名の斎員が、この度新調された白の狩衣に威儀を正し、本殿の神前に座し、 平和大御神様の前に進み出られた師は、 大御神様の無量の御神威に感謝し、共生祈願達成、さらなる教勢の伸長と会員各位の弥栄(いやさか)を真摯(しんし)に祈願されました。

 次いで巫女4人の「豊栄の舞」が奉納され、鈴の音の余韻が残るなか、教主と斎員、神道職、各代表の方々の祈念をこめた玉串が奉奠されました。

 なお祭典に先立ち、午前8時から「御芳名奏上祈願」が行なわれ、祭典には参加できないため、前もって赤誠の御奉納をされた各位の弥栄を御祈願致しました。また、10 時より金運増強の行、10 時30 分より神威顕現実践報告がなされました。

 続いて、教師の昇任・新任の任命、霊感修行段階達成者の表彰、感謝状の授与を行い、午後1時より本殿にて共生祈願祭を斎行致しました。

 祭典終了後の直会にも大勢の各位が参加され、平和教弥栄を願って乾杯のあと、御奉仕各位の手による種々の手料理を食しつつ、教主を囲み和やかな歓談が続きました。

ページトップへ