いのちを生み育てた祖先 いのちに恵みを与える神々に感謝し  いのちの本源である造物主を敬いましょう

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

宗教法人 平和教

お電話でのお問い合わせ 0585-45-4111

岐阜県揖斐郡池田町片山2000番地 

仁義礼智忠信孝悌 繁栄国家対等平和

本文のエリアです。

活動報告

ハワイ州無縁先亡諸霊の慰霊ツアー、無事順調でした

 当教は、平成六年に、アメリカ合衆国ハワイ州のハワイ島に、「ハワイ州無縁の先亡諸霊」を祀(まつ)る「ハワイ平和霊廟(れいびょう)」を建立いたしました。ここには、現在約十万柱の無縁霊が鎮まっていますが、そのうち約7割が、日本人移民および日系の諸霊です。そのほかは、現住民、アメリカ本土からの移住者、アジア各地からの移民等、多種多様な民族の無縁霊です。

 現世(このよ)は霊幽界(あのよ)の写し世です。このことは、祖霊祭祀の重要性ということで、ことあるごとに説明されています。これを拡大すると、「異る民族から成る先亡諸霊が、一つの塔に鎮まり、共に手を携えて向上の道を歩むならば、それら諸霊の影響する範囲内で、現界の平和共生が成る」でしょう。

 最初の慰霊祭は、仮建立ということで、平成三年に斎行したのですが、当時のアメリカでは、パールハーバー五十周年の前であり、また、経済的には日本にひどく押されていたため、反日気運が非常に高まっていました。しかし慰霊祭後、「日本は、今や同盟国である」という冷静な論調もあらわれ、大過なく過ぎました。当時の政治家をはじめ、多くの人々の努力の賜物ですが、当教の慰霊祭を非常に喜ばれた諸霊の後押しもあったのだと信じています。

 当教では、毎年、ハワイ平和霊廟に鎮まれる諸霊を慰霊するためのツアーを執り行なっていますが、前述の結果等から考え、この慰霊ツアーは、日米平和共生、ひいては、世界平和共生につながる重要な一歩と信じています。それで、ツアーには、なるべく大勢の各位に参加して頂きたいのですが、何分にも、時間と費用のかかることです。で、現在は、概ね、本部教会主催と東京教会主宰とを一年おきにしています。

 今年は、本部教会主催で、教主美元師、神道職宣介師、同紅刈師ほか有志計八人のツアーでした。一行は、7月25日に出発し、現地時間26日の午後1時に慰霊祭を行ない、31日帰着でした。ハワイ平和霊廟の諸霊は、この慰霊祭を待ちかねていた御様子で、あらためて、このツアーの意義を実感いたしました。各位におかれても、なお一層の御理解をよろしくお願い申し上げます。

 なお、慰霊祭以外の行程も順調で、御神助に多謝でした。

 

 

ページトップへ