いのちを生み育てた祖先 いのちに恵みを与える神々に感謝し  いのちの本源である造物主を敬いましょう

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

宗教法人 平和教

お電話でのお問い合わせ 0585-45-4111

岐阜県揖斐郡池田町片山2000番地 

仁義礼智忠信孝悌 繁栄国家対等平和

本文のエリアです。

活動報告

随想・金運の神様 (2/5) 神秘の世界 No.337より

◎稼業に御神威

 かなり前のことだが、某支教会長から、「最近神縁を結んだBさんから」ということで、金運大明神の申し込みがあった。その頃は、大明神の申し込みは、会社の社長からがほとんどだった。で、受け付けた事務員に、「Bさんの稼業は何か」の問い合わせをするようにと。すると、「主婦だ」と。

 そこで、「Bさんの御主人は何をしているのか」と。こちらが会社の社長だったので、その職種を質(たず)ね、「御主人の会社が稼業繁栄となり、その結果、B家の金運も大となって豊かになれるように」という意味の祈願をした。

 金運大明神は掛軸になっている。申し込みがあると、墨書して表具師へ。戻ってきたあと祈祷して発送となるので、場合によっては一ヶ月近くかかる。Bさんは受け取って驚いたらしい。というのも、申し込んだのは金運小判で、幣帛がひどく違う。連絡を受けた支教会長が、本部へ送ったファックスを見直し、「しまった、間違えた」と。

 普通なら突き返すところだが、Bさんは、「何かの御縁があって来られたのでしょう」と、そのまま受け取ってくれた。度胸もあるが、家計を預かる主婦だったから決断できたのかもしれない。

 なお、御主人の会社は、非常に繁昌するようになった。Bさんは、毎日、付属説明書にある「金運増強の

行」をしていたが、宝くじを買うことを思いついた。かなり年上の友人にも話し、何十枚か買ったのを等分した。すると、相手に渡した方に、二千万円が当たっていた。

 Bさんには、本部で体験報告をしてもらったのだが、そのあとで、私の祈祷内容は、前述のようになっていると話した。

 ここまでは前にも書いたことがある。その後日談として、当該の支教会長から、「ここ何年か同業他社は不調なのだが、あそこだけは好調だ」と、何度も報告を受けた。(つづく)

ページトップへ